学校法人 求人

学校法人の中途採用、求人情報の探し方

私立学校、専門学校、進学塾を運営する学校法人にはさまざまな仕事があります。教員だけでなく、組織の経営・運営に関わる仕事も多く、それだけ中途採用を目指す方法・ルートも多様です。

 

では学校法人への転職・中途採用を目指す方法にはどういった選択肢があるのでしょうか。

 

まず、教員の場合は人脈も大事なポイントとなります。これまでのキャリアで培ってきた人脈、もっと具体的に言ってしまえばコネを使って紹介してもらうのも普通に行われています。

 

とくに大学教員の中途採用ではこれが大きく役立ちます。仕事で培ってきた人脈だけでなく、出身大学の人脈などもうまく利用して中途採用を有利に運ぶようにしましょう。

 

自分で学校法人の中途採用の求人を探す

転職する際に求人を探すにあたりいま一般的なのは情報誌・求人誌といったメディアとリクナビ、マイナビなどの求人サイトです。

 

職員の募集や、企画、広報、事務、経営方面の仕事や研究支援などの専門的な業務に携わる職員むけの中途採用の求人も
自分で条件を入力して探すことができます。求人を探す手段としてはもっとも手軽でスタンダードな方法となります。

 

 

おすすめはキャリア・コンサルタントの活用

もっともおすすめなのはキャリアコンサルタント(人材紹介サービス)の活用。

 

人材紹介サービスに登録するとキャリアコンサルタントと面談を行い自分の希望や望んでいる職種などをお話します。その中であなたにマッチする学校法人の中途採用の求人を探してくれたり、学校法人との取り次ぎなどをしてくれます。(完全無料です)

 

人材紹介会社で扱っている非公開求人では学校法人からの求人も多く狙い目です。こうしたある程度専門的なスキルが求められる仕事は一般公開されることが少ないため、いくつか登録しておくのもおすすめです。

 

人材紹介サービスはいくつかありますが、当サイトでもっともおすすめなのは「リクルートエージェント」ですね。

 

まず取引法人数が多いので扱っている求人数は業界イチです。キャリアコンサルタントも親身になって相談にのってくれるので転職を迷ってる方、不安があるかたにもおすすめですよ。

 


≫学校法人の中途採用求人情報を探してもらう!

 

 

また人材紹介会社ではキャリアコンサルタントから転職先の詳細な情報を教えてもらうことができます。学校法人では経営理念や雰囲気に独特の特徴や決まりがあることも多いのでこうした情報が役立ちます。

 

 

学校法人中途採用の求人、どんな職種がある?

学校法人で働く中途採用の求人にはさまざまな職種がでています。

 

学校法人といえばやはりまず教員を挙げるべきでしょう。教育の現場で直接学生と接しながら働く仕事、いわば学校法人の「顔」ともいえる仕事です。

 

しかしそれ以外にもさまざまな職種があります。たとえば広報経理といった経営に関わる仕事。当然ビジネスとして経営を成り立たせる必要があるわけですから、こうした仕事も不可欠です。

 

それから法人内や学校内でのIT部門。ネットワーク環境、システムの構築・管理・保守の仕事、WEBサイトの運営。IT環境の構築が不可欠となっている時代だけに、専門的な知識とスキルを備えた人材が求められています。

 

事務職も忘れてはなりませんね。とくに専門学校や大学では教員とおなじぐらい学生と接する機会が多いのが事務職です。教育施設の円滑な運営になくてはならない仕事です。

 

さらに学校法人が抱えている研究施設・研究センターでも事務職が大事な役割を担います。研究の準備や手続き、研究の管理などを行う仕事です。膨大な情報を管理する仕事であるため、パソコンスキルはもちろん、マネジメント能力やコーディネート能力、さらには語学力なども求められます。事務職だけでなく総合職として雇用するケースもあります。

 

他には教職ではなく研究に専念する職員も含まれるでしょう。研究に専念し、学校法人の教育施設としてのレベル向上に寄与する仕事です。さらに幼稚園・保育園も抱えている法人では保育士も大事なスタッフの一員です。こうした多彩な職種がそれぞれ役割を果たすことで学校法人の組織が運営されているのです。

 


≫学校法人の中途採用求人情報を探してもらう!

そもそも学校法人とは

学校法人とはどのようなものなのでしょうか。学校を運営している法人組織であることはその名称からも用意に想像がつきます。国公立ではなく私立の学校を運営している法人団体で、授業料や入学金、寄付金などをおもな収入源として運営されています。大学を運営しているところが有名ですが、学校法人の範囲は保育園から大学院、専門学校、それから進学教育を事業とする塾まで含まれます。

 

また、学校法人が運営している教育機関はおもに教育と研究を担いますが、学校法人そのものは経営を担うことになります。身も蓋もないことを言ってしまえば採算が合わなければ運営を続けることが出来ないわけです。国公立に比べて授業料が高いと言われるのも基本的には独立採算で経営を行う必要があるからです。その一方、それぞれの法人、学校ごとに校風や教育方針に特徴や個性が見られます。キリスト教や仏教など宗教団体が運営している学校法人が多いのも特徴でしょう。

 

もともと学校法人は教育の多様性を広げるために作られたものでした。戦前は国が教育を一元的に管理していた面もあり、その結果が全体主義、そしてあの不幸な戦争でした。そこで教育環境に多様性を持たせ、さまざまな思想が存在する世の中にし、新しい時代に適応できる優れた人材を育成する場として学校法人、私立学校が作られるようになったのです。

 

学校法人には理事長がおり、その理事長も含めた評議員会や幹事が経営の舵取りを行っています。ここで教育理念の決定から経営戦略、予算配分などが決められているのです。ビジネスと教育の両面を備えた特殊な法人組織であるとともに、わたしたちの社会に欠かせない重要な役割を担う存在でもあるのです。

 

さまざまな業態がある学校法人

学校法人は全国各地に多数存在しています。私立学校を運営している法人組織なのですから、私立の学校の数からもその多さが推測できます。その中から有名なところをあげてみましょう。まず白百合系学園。函嶺白百合学園や静岡白百合学園、湘南白百合学園などの教育施設を擁する学校法人です。知名度ではトップクラスの存在といってよいでしょう。

 

それから立正大学系。大学そのものがまず有名ですが、他にもこの系列に淞南学園や熊谷立正学園といった教育施設を擁しています。

 

宗教系の学校法人も挙げておきましょう。キリスト教学校教育同盟に属しているところではクラーク学園、クラレチアン学院、クラレット学院、敬和学園などが挙げられます。他に、知名度が高いところではフェリス女学院もこの組織に属している学校法人です。それから日本カトリック学校連合会。こちらでは賢明学院・賢明女学院、広島学院、双葉学園などが挙げられます。仏教系では佛教教育学園などがあります。

 

そのほかでは龍谷総合学園、坪内学園グループなど多くの教育機関を要している学校法人があります。堀越学園が属する創造学園大学系もよく知られた学校法人です。

 

これら名前を挙げた学校法人は全体のごくわずかです。その全体像はとてもここでは紹介しきれません。こうした学校法人が多様な教育環境を用意し、文化・教育の両面で社会貢献を果たしている点を忘れてはならないでしょう。それぞれ教育環境はもちろん、教員・職員の就業環境にも個性が見られます。

 

学校法人から出ている求人の給料や待遇のこと

学校法人で働いている職員はどの程度の年収を得ているのでしょうか。特殊な業種ということもあり、なかなか情報を得る機会が少ないものです。

 

学校法人での一般的な年収・ボーナスに関してはどの仕事についているかによって大きく異なってきます。求人情報をリサーチするともっとも高いのはやはり教員。大学教授ともなれば平均でも年収1000万円は超えます。また小学校〜高校の教諭でも平均で700万〜800万程度。公立・国立に比べるとやや低いものの民間企業に比べれば断然高い数字といえます。

 

では教員以外の職員はどうでしょうか。教員との間にはかなりの差が見られ、初年度の年収で300〜400万円程度。20代半ばから後半にかけて400万円台後半〜600万円に達するケースが多いようです。なお、これは総合職・事務職といった一般職員の年収です。

 

そのほか広報やシステム管理などの仕事も似たような水準でしょう。教員以外の職員に関しては民間のサラリーマンと同水準とみてよさそうです。それからもうひとつ、幼稚園を運営している学校法人では保育士も含まれます。保育士の平均年収は約320万円程度。一般職員よりもやや低い水準です。

 

例外として挙げられる求人が研究職。こちらは専門的な分野だけに収入は高く、小学校〜高校の教諭と同水準の収入のケースが多いようです。

 

待遇に関しては勤続年数が10年を超えるところが多く、長く働ける職場といえそうです。教員に関しては教育現場の崩壊などの問題が挙げられますが、やりがいのある職場でキャリアを重ねていける環境といってもよいでしょう。

 


≫学校法人の中途採用求人情報を探してもらう!

学校法人の教員の求人内容

学校法人の教員は日ごろどのような仕事をしているのでしょうか? 生徒を相手に授業をしているに決まっているではないかと思う人も多いはずです。もちろん、教育者としての面は大事な仕事ですし、成長期・人格形成期の学生をに対する気配りやコミュニケーション力、学生の性格を把握したうえで適切な教育やアドバイスを行う柔軟性などは必須です。しかし学校法人の教員にはもうひとつ、研究者としての面も求められます。

 

ほとんどの学校法人では研究施設も設けており、大学教授が研究を行うほか、専門の研究職も日々研究に勤しんでいます。授業を受け持ち、学生を相手にする時間と研究に費やす時間のどちらが多いかは教員ごと、あるいは働いている教育機関によっても異なります。高校の教員、大学教授の場合は論文や研究の発表、専門分野の学術書の執筆も大事な仕事内容となるでしょう。

 

また、フィールドワークも大事な仕事内容です。学校法人の求人では学生と教員が一緒に行う研究プロジェクトも募集されています。卒業論文のテーマ作りのために教員とゼミの学生がさまざまな場所を訪れることもあります。こうした仕事には体力が必要なうえ、学生に知識を教えるだけでなく、研究を正しい方向へと導く指導力も問われます。一方的に教えるのではなく、本人に何が大事なポイントなのかを選ばせるように導く能力も求められるのです。

 

このように、学校法人の教員には専門的な知識と教育者としてのスキルはもちろん、研究者として常に自分を高めていく向上心や体力、学生の手本となりつつ導いていく人格面の充実も求められるのです。

学校法人の企画や広報の求人内容

学校法人を運営していく上で重要な役割となるのが企画・広報です。私立学校の場合、原則として学生の授業料や入学金によって経営されていますから、学生を獲得するための宣伝活動が必要なのです。とくに教育機関はイメージが重要な意味を持ちますから、さまざまな企画や広報活動を通してイメージアップを計っています。

 

では学校法人の企画・広報の担当者はどのような仕事をしているのでしょうか。その仕事内容は大きく2つの分野に分けることができます。広く世間一般に知ってもらうための活動と、教育機関など狭い範囲を対象に行う活動です。前者についてはメディアを活用した宣伝や、イベントの開催などが挙げられます。地元の住民との交流をはかるイベントなどを学校内で開催するケースもよく見られます。一方後者については他の教育機関とのつながりを作る活動がまず挙げられます。例えば大学の場合はさまざまな高校とつながりを作り、推薦入学を含めた学生を確保できる環境を作るのです。また研究や論文の発表やシンポジウムの開催などで教育機関としてのブランドイメージを高める活動も大事です。

 

こうした活動を行っていくためにはまず企画力と営業力が大事です。どの分野、メディアで広報すれば学生の獲得やイメージアップに役だつのか、時代のニーズも踏まえたバランス感覚がまず求められます。またつながりを持っている教育施設な研究機関をこまめにまわり、つねに関係の強化を怠らないきめ細かさと行動力も必須となるでしょう。

 

学校法人の求人に見られる必要な資格、転職に有利な資格

学校法人に就職する際に取得しておくと有利になる資格にはどのようなものがあるのでしょうか。学校法人で働くといっても職種もさまざまですから、目指す仕事によっても求められる資格は異なってきますし、資格がとくに必要とされない場合もあります。

 

教員の場合は教員の資格を取得していることが絶対条件ですが、塾の講師や大学職員などの場合は必須資格といったものは基本的にはありません。ただ、パソコンスキルが求められるため、求人情報を見てもエクセルやワードに関する基本的なスキルが求められます。MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)をはじめとしたパソコン関連の資格を取得していれば有利になるでしょう。それから経理など運営方面の仕事を目指す場合には日商簿記2級が転職の際に大きな意味を持つはずです。

 

教員以外の専門職の場合はその関連の資格が必須になることもあります。幼稚園・保育園も運営している学校法人では保育士の資格が必須です。保育士の人手不足が社会全体の問題となっているため、この資格を取得していればかなり有利になるでしょう。

 

それ以外には弁護士や税理士といった専門職の資格を別にすれば、必須・有利な資格は実はそれほどありません。資格よりもむしろ総務・経理・人事などの分野での実務経験の方が重視される傾向が見られます。これから学校法人の求人を探す場合には、今取得している資格と実務経験がどれだけ役立つのかをよく見極めたうえで新たに資格の取得を目指す必要があるのかを判断するとよいでしょう。

異業種で働いた経験を活かして中途採用で学校法人に転職するには

学校法人の職場というとなにやら特別な印象もあります。閉鎖的なイメージも強く、教員や職員はどのような環境で、どういった役割を求められながら働いているのか見えにくい面もあります。そのため異業種からの転職を目指す場合にはどんな選択肢があるのか、求人にはどういったスキルや経験が求められるのかをよく調べておく必要があります。

 

学校法人に転職するためには教員免許が必要だと思っている人も多いはずです。しかし実際には学校法人で働く職員のうち教員が占める割合はそれほど大きくありません。教育機関・組織を運営しているため、そしてひとつの企業として経営を成り立たせるためにさまざまな職種が活躍しているのです。そのため職種にあわせたスキルや知識が求められます。

 

たとえば進学塾の求人なら講師、専門学校の教師は国家資格や免許こそ必要ないものの一定の学歴とその分野の専門知識が必要になります。とくに専門学校の場合は資格が採用に絡んでくる場合もあります。

 

他にはシステム管理のITの仕事、現在の学校施設ではパソコンとネット環境によるシステム構築・情報管理が当たり前となっています。さらに幼稚園から大学までさまざまな教育施設を抱えている学校法人ならグループ全体の情報を管理するシステムも必要です。こうした分野でシステムの管理を行ったり、インフラやアプリケーションの開発を行うといった仕事が求められます。こうした分野での経験がまず挙げられます。

 

それから広報。先に触れたように学校法人には企業としての面も備えています。入学希望者を確保し、円滑に経営するための広報活動も大事な役割です。広報のスキルに関しては業種を問わず歓迎されるので実務経験がある人は大きな武器になるでしょう。そのほかは研究職では専門的な学問分野での実務経験・実績が必要です。

学校法人で働いた経験を活かして転職するならどの異業種がおすすめ?

学校法人から他の業種に転職を目指す場合にはどういった求人の選択肢があるのでしょうか。これまでのキャリアを活かせる形で転職するのが望ましいわけですが、学校法人での仕事は他の業種に比べて特殊な印象もあるだけに、どういった形でキャリアを活かせるのかが大事になってきます。

 

この点に関しては学校法人でどんな仕事をしていたのかによって異なります。たとえば研究職の場合は製薬会社、医療機器メーカー、家電メーカーなどにおける新製品の研究・開発部門への転職が有力となります。学校法人での研究に比べると成果が求められるなどプレッシャーが大きくなりますが、その分成果次第で高収入・昇進が期待できるでしょう。他には教員で働いていた経験を活かして民間の塾講師に転職したり自分で塾を起業する方も見えます。

 

もっとも幅広い業種へ転職できる可能性に恵まれている求人は事務・経理でしょう。どの業種でも必ず必要とされている資格ですし、学校法人はどちらの仕事にも高いスキルと知識が求められるため、そこで身に付けた経験は他の業種でもすぐに役立てることができます。

 

もうひとつオススメの転職先はIT関連業界の求人。学校施設や組織のシステム開発・運営・保守を担当していた場合にはIT関連への転職がオススメです。また現在ではIT行間に限らず、幅広い業界でネットワーク環境の構築が行われています。この職種そのものがまだ歴史が浅いため、学校法人でのシステム管理の経験は歓迎されるはずです。このように、学校法人での経験は多くの人が考えている以上に幅広い業種で役立てることができます。キャリアアップに役立てられる転職先を探していきたいところです。

 


≫学校法人の中途採用求人情報を探してもらう!